投資顧問会社は沢山ありますよね。どの投資顧問会社が良いのか判断がつかない、そんな悩みがあるのは当たり前です。そんな悩みを解消しましょう。投資顧問業協会のことも紹介していきますので開業したい人も必見です。

イオン銀行の投資信託とはお得か投資顧問に聞く

イオン銀行は文字通りイオングループが発足させた銀行で、イオン系列のお店を利用される方にはとても便利な銀行です。
ネット銀行の強みを生かした定期預金の金利が高いことと、ポイントバック制やATM無料、イオン銀行内振り込み手数料無料サービスがあるので投資顧問でも注目されている方もいます。
何より、イオンは投資信託もさることながら株式優待が充実していて魅力的なので、投資顧問の中にはそちらを推奨する向きもあります。
そのイオン銀行の投資信託とはイオン銀行のインターネットや店舗で利用できる投資信託で、現在9/30までイオン銀行で投資信託を購入すると購入時手数料無料キャンペーンを行っています。
イオン銀行独自の投資信託もありますので、この機会に購入される方も多いでしょう。
銀行の預金と投資信託とは利益にかかる税金の支払い方法が若干異なります。
銀行の預金で利息が発生した場合、その利息から銀行が税金が徴収して上でお客様に還元されますが、投資信託の場合は税金を証券会社(銀行に預けていた場合は銀行)側で手続きをしてもらうか、お客様側で確定申告で税金を申告するか、二通りの方法が選択可能です。
投資信託を一般口座として利用して売却した場合、発生した利益と損失はお客様側で確定申告をしていただくことになりますが、特定預かりをで売却した場合は、お客様側での確定申告は不要でイオン銀行側が利益を申請する形になります。
お手軽に投資信託を利用したい場合は特定口座で口座を開設し、特定預かりをで売却した方が申告漏れがないので便利です。
中には一般口座での購入の方が良いお客様もいらっしゃいますので、一度投資顧問に相談してみるのもお勧めです。